トリプルガラス樹脂サッシ、ガデリウスの玄関ドアの断熱性能

こんにちわ夫です(‘◇’)ゞ

2021年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

このところ再び寒波がやってきておりますが、香川の平野部でも雪がちらついております。

外から帰ってきて玄関ドアを開けた瞬間、フワッとあたたかい空気に包まれると幸せです。

寒くなればなるほど、あたたかい家のありがたみを感じますね。

 

さて、本日は今年一番の寒さ??のタイミングで、トリプルガラス樹脂サッシとガデリウス製玄関ドアの内外温度差をチェックしてみましたので、その結果を報告したいと思います。

 

外気温と室内の温湿度

先日、1月9日 朝7時頃の外気温は以下の通りです。

瀬戸内地方の平野部にもかかわらず、朝8時頃まで氷点下になっておりました。

ひょっとしたら氷が張るかも!?と期待して、前夜からバケツに水をためておりましたらこのとおりです。

見事に氷が張っておりました。

子供の頃、冬は水路や水たまりは毎日凍っていたのですが、最近は氷が張ることもなくなってしまいましたね。

温暖化は確実に進行しています・・・。

 

このように、お外はかなり冷えていたのですが、家の中はというと18℃ 湿度53%でした。

前日夜は20時頃に暖房を止めていたのですが、さすがに外が氷点下になるといつもより少し室温が下がっていました。

我が家の換気システムはヴェントサンが8個もあり、35坪にしては空気の入れ替わりが多い方です。

その条件で無暖房の11時間後、この室温を維持してくれています。

朝は8時過ぎから暖房をONにしたのですが、すぐに日射が入ってきて朝9時には室温21℃くらいになっていました。

気密性と断熱性能がしっかりしていると室温の管理もやりやすいですね。

ちなみにですが、床の温度はこのとおり18.5℃です。

 

先ほどの温度計より高い温度を指していますが、温度計ごとに少し誤差がありますので、ほぼ室温と同じかなと思います。

床がこれくらいの温度を維持していると、冷えて外から戻った時には足裏が温かく感じます。

先日来客があり、日中エアコンOFFの無暖房であることに驚いていましたが、続けて「床暖房あるの?」と聞かれ、「床暖房ないよ~」と返答するとさらに驚いていました。

床下の断熱をしっかりと行い、断熱性能の高い窓ガラスにすると床は冷えません。

過去にも書いたのですが、床が冷える原因は意外と窓ガラスからのコールドドラフトだったりしますので、窓ガラスの断熱性能の弱さと床の冷えはセットになっていると認識しましょう。

一方、マンションなどRC構造の場合だと、まず外側のコンクリート部が冷やされ、その冷たい熱が建物全体に行きわたり、壁や床、天井などからも冷やされる感じです。コンクリートは冷たい熱も暑い熱も蓄熱しますので、じんわりと外気温の影響を受けます。

 

さて、この外気温の条件下で、断熱性能が高いと言われる「トリプルガラス樹脂サッシ」の外側と室内側の温度を測ってみました。

トリプルガラス樹脂サッシの断熱性能は?

我が家はウェルネストホームで家を建てて4年が経ちましたが、当時採用されていたトリプルガラス樹脂サッシはドイツ製のものでした。

ガラスは4㎜のものが3枚。サッシ部はゴツい樹脂製で内部はいくつもの小部屋になっています。

過去記事の写真ですが、サッシの断面形状は下の写真のようになっています。

左側が国産のトリプルガラス樹脂サッシの断面、右側がドイツ製のトリプルガラス樹脂サッシの断面です。

やはり、この断面模型を見るとワクワクしますね(*^^*)

ウェルネストホームでは、現在はこのドイツ製と同等、或いはそれ以上の性能の国産サッシが採用されています。

ドイツ製のものには網戸がつかないのですが、国産のものには網戸が付けられるので使い勝手は良くなっていると思います。

 

さて、ではサッシ部分の外側の温度を測ってみます。

リビングにある窓の外側を図ったのですが、-1.1℃で外気温とほぼ同じです。冷えてますね~(;^_^A

では、室内側を測ります。

15.6℃です。

室温の18℃に比べればやや低いですが、外側が-1.1℃ですので、断熱性能はかなり高いことが分かります。

 

それでは、次は玄関ドアです。

ガデリウスの玄関ドアの断熱性能は?

我が家の玄関ドアは、断熱性能が高いガデリウス製のスウェーデンドアを採用しています。

私はこの木の質感もとても気に入っております。

玄関は浴室や脱衣所同様に断熱が弱くなってしまう場所で、冷えやすい場所になります。

玄関ドアの断熱を疎かにすると、ドア部分からコールドドラフトが発生し、居住部分に流れ込んできます。

ですので、家全体の断熱性能を高めるためには、玄関ドアの選定も重要になります。

 

ガデリウス製のスウェーデンドアですが、URLを張り付けておきますね。

https://www.gadelius.com/products/low_energy_housing/01.html

 

では、外側の表面温度を測ります。

-0.6℃です。

こちらもかなり冷やされていますね。

 

では、室内側の温度はどうでしょう。

17.2℃です。

リビングの室温に近く、バッチリ断熱できております。

玄関に入った時にあたたかい空気に包まれるのは、このドアの断熱がきっちりできているからなんだと納得しました。

 

ちなみにですが、ドアの取っ手や鍵部は金属製になっていますので少し冷えており、たまにそこだけ結露していたりします。(すみません温度測るの忘れていました)

 

おわりに

 

今回、瀬戸内地方の冬一番の厳しい条件下でトリプルガラス樹脂サッシとガデリウス製玄関ドアの内外の温度を測ってみたところ、以下のようになりました。

 

◆外気温 -1℃  室内温度 18℃

◆トリプルガラス樹脂サッシ(樹脂部分) 外側 -1.1℃  室内側 15.6℃

◆ガデリウス製玄関ドア         外側 -0.6℃  室内側 17.2℃

 

トリプルガラス樹脂サッシの樹脂部分に関しては、室温に比べて少し低い温度だったのが残念ですが、それでも断熱性能はかなり高いことが分かりました。

個人的には、もう少し性能が上がるといいなと思うのですが、これ以上を求めると値段も凄いことになりそうなので、今のところこれで十分かなと思います。

今回、この温度計ではガラス部分の温度が測れなかったので、また別の方法を考えたいと思います。

ガデリウス製の玄関ドアに関しては、素晴らしい断熱性能でした。

 

冬場の家のエネルギー損失を考えた場合、窓ガラスと玄関ドアの断熱性能はできるだけ強化しなければならないポイントとなりますが、参考になれば幸いです。

冬に浴室や脱衣所が冷えている場合はヒートショックになるリスクが高くなりますので、できるだけ暖房器具を使い、部屋間の温度差が少なくなるように心がけましょう。

 

それでは、1月は一年の中で最も寒い季節になりますが、健康に気を付けて乗り切りましょう!

 

↓ブログランキング参加中↓
下のバナーを1日1回ポチっと応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。