電球色。昼白色。温白色。

電気の色のお話です。
電気(照明)の色って、今までは白っぽい昼白色と、黄色っぽい電球色の2通りしかなかったですよね。
そこに最近登場した 温白色 って、皆さんご存知ですか?
昼白色と電球色のちょうど中間の色で、色温度でいうと3500K。
昼白色だと脳内活性化されすぎて落ち着かないよー
でも電球色だと暑苦しいし色味が分かりにくいわー
という時に、自然でちょうど良いのがこの温白色。
我が家の照明計画では基本的に電球色でまとめましたが、用途に応じて昼白色と温白色も使っています(﹡ˆ︶ˆ﹡)


二者択一で困っていた方はぜひご参考に🎶
Panasonicのショウルームで実際の色味を確認しましたが、とても自然な色合いで良かったですよ。
ショウルームでは温白色の明かりだけでなく、天井照明の壁からの位置の違いだったりワット数を変えた時の明るさの違いだったりなんかも、担当の方が専用のお部屋で色々とシミュレーションしてくれたのでとても参考になり良かったです(﹡ˆ︶ˆ﹡)


にほんブログ村

ご訪問いただきありがとうございます。
更新の励みになります♡

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。