ウェルネストホーム(低燃費住宅)の防音性能

こんにちわ夫です。

このところはどんどん暖かくなり、花粉が飛びまくっていますね。

私も花粉のアレルギーがあり、家にいる時はそうでもないのですが、仕事で山に行って花粉シャワーを浴びた日の夜は目、鼻、喉、くしゃみ...凄いことになります(´;ω;`)

換気システムのフィルターも花粉対応タイプに交換しようかな・・・

まあ、値段が少し高めだし、そのうち花粉も飛ばなくなるのでこのままでいきますが。

 

さて、気を取り直して

本日はウェルネストホーム(低燃費住宅)の防音性能について書きたいと思います。

 

〇ウェルネストホーム(低燃費住宅)の防音性能

ウェルネストホームの家は気密・断熱性能が高いのが特徴ですが、それだけではありません。

壁の中にしっかり詰まったセルロースファイバー、外断熱システムの分厚いロックウールは共に防音性能に優れています。そして、使用しているトリプルガラスの樹脂サッシも他の国産サッシより防音性能が高く、窓からの騒音の侵入をかなり防いでくれます。

とにかく室内がすごく静かです(*^_^*)

 

ウェルネストホームのOB友達が大阪伊丹空港近くで家を建てていますが、離発着ルートのほぼ真下なのでキーン、ゴゴゴ~など、大きな航空機騒音を頻繁に受けてしまう環境です。

ここで生活するのは落ち着かないんじゃないかな~・・・ついついそんな不安を持ってしまいます。

ところが、家にお邪魔してビックリしたのが、普通に会話している程度で近づいてくる飛行機の音に気付かないのです!

リビングの窓の外に、着陸寸前の飛行機がいきなり現れて、静かにスーッと空港に降りていくんです!!

こんな近距離に飛行機が通るなら、家の中からいい写真が撮れそう♫

飛行機好きな方にはたまらない!!と余裕でいられるくらい、躯体の防音性能が高いのです。

 

外からの騒音の遮断は家の中でゆっくり過ごすには非常に大事な要素です。

では、どれくらい外からの音が減衰しているのか、数値的に確認しておきたくなるのが私の性分でして・・・。

 

〇簡易騒音計で測定開始!!(屋外)

買ってしまいました簡易騒音計。

 

早速、どれくらいの数値が出るのか、その数値がおおよそ正しいものなのか、屋外で騒音を測ってみます。

我が家はの周りには住宅がまずまず建っており、約140m離れてJR線と2車線道路があります。

通勤時間帯は電車も増え、通行車両も増えるような環境です。

まずは普通に計測します。

この時の測定値はだいたい45~55dB(デシベル)程度です。

これは昼間の閑静な住宅街に該当するレベルです。

 

数値は0.5秒間隔くらいでどんどん振れていくので、だいたいの上限と下限を撮りました。

この機種にはHOLDボタンがあり、瞬時の測定値をホールドできる機能がありますが、今回は使用せずにだいたい数値が安定したところで写真を撮っています。

 

そして、電車(ディーゼル車)が通った時

62.9dB程度まで上がりました。

少し距離がありますし、周囲に住宅も建っていますのでそんなにうるさいわけではありません。

 

そして深夜。

32.8dBです。12時近かったこともあり、本当に静かな状態です。

 

ここで、騒音の目安について以下の資料を紹介しておきますね。
                                      出典:岐阜市HPより

 

私も仕事で騒音調査をしたりするのですが、この安価な機種でもそこそこ信頼できる数値が出ており、私の調査感覚とも合っています。もちろん上の表とも合っていますね。

 

(参考までに)

正式な騒音調査では、一定時間の音圧レベルを記録し、そのエネルギー量から「等価騒音レベル(平均値のようなもの)」を算出します。もちろん測定に使用する計器は、検定付きのもので20万以上!!!

業務用計器ですので非常に高価ですが、いろんな測定パターンや機能設定があり測定値は正確です。

今回購入したものは、趣味程度のものですので体温計の値段くらいで買えます。

シンプルに瞬時の騒音レベルが約0.5秒ごとに表示されていくのみです。取説にはなかったのですが、出てくる数値からして、たぶんA特性(人の聴覚特性に合わせた測定方法)だと思います。

今回使用してみて意外と使えるレベルであるということが分かりました(*^_^*)

 

〇屋内で測定開始!!

では、家の中で測定をしてみます。

 

テレビの前50㎝ この時はお昼の番組をやっていました。

63.2dB まあ、こんなものですね。

そしてルンバ君の前

69.4dB   いつもよく仕事してくれますし、全然うるさいと思ってなかったのですが意外と音が出ています。

たぶん、もっとうるさい普通の掃除機の音に慣れているからでしょうね。

 

それではお待たせしました!

テレビも消し、ルンバも止め、屋内の騒音量を測ってみます。(皆さんここが知りたいですよね!!)

 

数値はどんどん下がり、何と、31dB台まで下がりました!!!

私が少し動くだけでもすぐ40dB台後半まで跳ね上がりますので、じぃ~~~っとしていました。

今回はあえて音が入ってきやすい窓際で計測しています。

 

人の活動が多くなる晴れた昼過ぎだというのに、屋内は深夜の騒音レベルより低いとは、本当に驚きですΣ(・□・;)

素晴らしい防音性能です

 

〇静かな我が家で暮らせるということ

実は、過去に土地選びの時、気に入った物件があったのですが、そこは100m離れて交通量の多い4車線道路がありました。

夜になってもまずまず交通量があり、そこで騒音を測るとだいたい60~70dB程度出ていました。(そのころから騒音計を持ち出すほどの変態度合いは発揮されていましたが…)

これは家の中にもある程度は騒音が壁を通過してきますし、リラックスしたい家で常に音圧を受け続け、自分で気が付かないうちに体が緊張し疲れていくのはいやだなと、「この土地は条件がいいけど諦めよう」と家族会議で話し合いました。

 

今、日々の仕事で疲れて帰ってきても、しっかりと安眠ができ、休日の朝は明るく静かな環境で朝をくつろげています。

疲れも早く回復しますし、本当にありがたいことだと感じています。

それは、深夜の屋外より静かな住環境があったからなのだな~と、数値で測って納得しました。

 

強めの雨が降っても、冬に強い風が吹いても、台風が近づいていても、キシむこともなく静かな室内。

ウェルネストホーム(低燃費住宅)の家は過ごしやすいです。

 

そのうち、道路のすぐ横に建っているモデルハウスで測ってみたいと思っていますので、スタッフの皆さんよろしくお願いします(#^.^#)

本日はウェルネストホーム(低燃費住宅)の防音性能を数値でご紹介しました。

 

 

↓ブログランキング参加中↓
下のバナーを1日1回ポチっと応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

 

Commentsこの記事についたコメント

4件のコメント
  • じんちゃん より:

    夫さんこんにちは
    私も調査機器を購入して調べてみたいんですけどね、、、。
    ですが、なかなか実行に移せず(^◇^;)
    夫さん、凄いです!!
    夜中に台風のような強い雨風があった日の朝、
    子供を送った幼稚園で
    「全然眠れなかったよ〜。家が壊れるかと思った〜。」
    というお母さん達の会話に入れなかった自分がいました。
    特に気にならず、家族みんな寝てましたので〜♪(´ε` )

    • tnpMSM-77 より:

      じんちゃんさんこんにちわ!
      コメントありがとうございます。
      この騒音計、意外と使えます。
      といっても、あまり使用する機会がありませんが^^;
      せっかく買ったのでいろんな音を計ろうと思います。
      冬の風が強い日も、台風が近くを通っても家の頑丈さと静けさはすごいですよね。
      あまり気にならずに寝れるのは低燃費あるあるですよね^_^

  • みしょん より:

    またまたウェルネストホーム住宅の素晴らしさを数値化して伝えてくださっていて、本当にこの家に住めて幸せなんだなぁと実感します…(^^)
    わが家は今季、1階にエアコンを取り付けていないため、1階の寒さとの戦いがありましたが… 夏場の空調を楽しみにしています。

    • tnpMSM-77 より:

      みしょんさんこんにちわ。
      コメントありがとうございます(^ ^)
      我が家は3度目の冬も、帰るたびに家の暖かさと空気の潤いに癒されました。
      ウェルネストホームの家は年数が経っても満足度が下がらないのがいいところです。
      来年の冬までには、6畳用で十分なので1階にもエアコンをつけられるといいですね。
      夏は2階のエアコン1台で十分だと思います!

じんちゃん にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。