見つけてしまったユーロサッシ操作上の注意点

みなさんこんにちわ夫の方です。
本日はユーロサッシの注意点を見つけてしまった話です。
結果から先に申しますと、このような状態になる時があるという事です(^_^;)

image

一点支持で大丈夫かな〜という状態です。
低燃費住宅のユーロサッシ、ドレー(内開き)&キップ(内倒し)の操作ができ、大変気に入っています。
分かりやすい図がこちら

image

エーデルフェンスターさんのHPより画像お借りしました。
どうしてこんな事になったかというと…
まずはノブを上に向けてキップの操作をします。
キップに入りきるとノブが固定され動かなくなるのですが、入りきるまでの途中ではノブが横に回転し、右下の1点支持のみでドレーの状態に入ってしまいます!

image

建築途中ですので保護シートが汚くてすみません(^_^;)
そうすると、一番上の画像のような状態に…
これ、大サイズの窓ではノブが横に回転せず大丈夫だったのですが、小、中サイズの窓ではなってしまいました。
中サイズの窓もかなり重く、下がってきた窓を支えるのにおおっ!といった感じでした😨。あぶないあぶない💦
まあ、こうなる事を認識して気をつけて操作すればいいのですが、皆さんお気をつけください。
低燃費住宅さん〜安全性の向上、よろしくお願いします〜(^-^)

にほんブログ村

今日もご訪問いただきありがとうございます。
更新の励みになっております♡

Commentsこの記事についたコメント

2件のコメント
  • 白やん より:

    こんにちは〜(^∇^)
    コレ、私も経験ありです。
    お風呂の窓でこうなりました。
    急いで閉めようとしたら、ゴリッバキッと音がして壊れたのかと余計に慌てて泣きそうになりました。
    落ちる事はないと思いますが怖かったです。
    機密性の事を考えると仕方ないのかもしれませんね。
    まぁ、開けなければいいか~と思っています(;^_^A

  • hu-hu夫 より:

    白やんさんこんにちわ(^-^)
    やっぱりなりましたか!はじめはビックリして焦りますよね;^_^A
    日本だったらこのあたりも対策すると思うのですが、考え方が違うのでしょうね。
    我が家も気をつけます(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。