ガビオンが気になる!!からのセランガンバツ。

こんにちは、嫁子です(•ө•)
最近よく、朝のお化粧を忘れ、どスッピンで出勤してしまいます。
化粧忘れるとか…
これでいいのかアラサー。
さて、今日は『ガビオン』が気になる、というお話。
ガビオンって知っていますか?
蛇籠(じゃかご)という方が馴染みがあるでしょうか。
ワイヤーの箱の中に石が詰まっているアレ。
河川工事なんかでよく使われたりしていますが、エクステリアに使うのも素敵なようです。

image

画像お借りしました
木材との組み合わせもおしゃれ♡
さて、我が家がこれを使えないかなと妄想しているのは、部分的に建てるフェンスの代わりです。
ウッドデッキのプライバシーを確保するために、何かしらのフェンスや目隠しを最初からつけておこうと思っているんですね。
こういうのって後からつけると、ご近所さん(特にお隣さんなど)に、変な誤解を与えたりしかねないので…
ご近所さんとは長く気持ちの良いお付き合いをさせていただきたいので、不快感を与える可能性があるようなことは極力避けたいのです。
しか〜し。このフェンスが厄介。
見た目の印象を大きく左右するアイテムだし、メンテナンスの簡単なものでなければいけないので、適当なものを設置するわけにもいかず…
良いものを使うと当然それなりの費用がする…(~_~;)
外構屋さんの提案してくださったのは、イペというハードウッドのウッドフェンス。見た目もメンテフリーなのも素敵なんですが、お値段もすごく素敵(T_T)
安価で、自然素材で、耐久性があり、メンテナンスの簡単なものはないかと考えていて閃いたのがガビオン!
なんとなく、この条件を満たしているような気がしたんですよね。
我が家でお世話になっている建具屋さん(喜多建材さん)にガビオンが設置されていたのを思い出したので、話を聞いてみようと遊びに行ってきました。
あったあった、ガービオーン🎶
(華原朋美のキャーリオーンとシンクロしてます)
やっぱりかっこいい♡

image

お話伺いました。
結論。
「だいぶ高いよ」
撃沈。
元々安いものではない上にフェンスとなると特注なので相当高くつくんじゃ?と…
で す よ ね 〜… 甘かった…
でもここで一つアドバイスをいただきました!
「ハードウッドにこだわるなら、セランガンバツを使うといいよ」と。
耐久性で言えばイペやウリンまでには及ばないものの、供給が安定しており、ハードウッドの中では非常にコスパの良いものらしいです。
この建材屋さんのウッドデッキも、セランガンバツを使っているんだそう!
このお話を伺った方のおっしゃるには、すぐに色飛びするそうで、最低でも年に1回のオイル塗りを推奨されました。
色飛びしたらどんな色になるかと言うと。
ビフォーアフターがだいたいちょうどこんな色の違いになるようです。
ベンチがビフォーでデッキがアフター。

image

嫁子も夫君も、この色飛びした後のアフター色の方が好み!!
そうなれば、オイルも塗らずにメンテフリーでオッケーじゃないですか♡
セランガンバツでフェンスの見積もり作ってもらおっとd(*¯︶¯*)

にほんブログ村

ご訪問&愛の応援ポチいただきありがとうございます。
更新の励みになります♡

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。