こだわらないはずだった浴室

低燃費住宅の水まわり設備(キッチン、浴室、トイレ、洗面)。
現在の標準はタカラスタンダードです。

タカラと言えば高品位ホーロー。
汚れにくく、強く、長持ちして、ホーローパネルにはマグネットもつくし使い勝手も良い。
コスパ良し(=メーカー値引きが他社と比べて少ない=商品に自信があるからだと思います)。

まさに、高性能な低燃費住宅にピッタリなメーカーだと思います。

……そう、思うんですけど、我が家では何も採用せずごめんなさい…笑

家づくり計画の初期、夫君も嫁子も浴室だけはあまり興味がわかず、どこのシステムバスにしても大差ないだろうと思っていました。
が、ショウルームをいろいろと巡ってみると、細かな点で色々と違いはあるもので…(自己満足の領域です)。
こだわりのなかったはずが散々時間をかけて比較検討した結果、最終的にTOTOサザナに決定しました。

019076ac0f5da9f99a6b3b8a194079df824047742f

決め手になったのは、掃除のしやすさが特に優れていると感じたことです。
具体的には、パッキンレスのドアや浴室内のコーキングの少なさ、お掃除らくらくカウンター かな。
TOTOの代名詞とも言えそうな「ほっカラリ床」も、今春のリニューアルで汚れがつきにくくなったそうですし。我が家ではお風呂場ではイスを使わず、床に直接座りたいので、柔らかいほっカラリ床で汚れもつきにくいなら一石二鳥なんですよ。

さて、この辺りは実際に使ってみてからのレポートがまたできたらいいなと思います。


にほんブログ村

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。