ダイキン「デシカホームエア」を検討した日々

みなさんこんにちわ夫の方です( ̄^ ̄)ゞ
ようやく梅雨も明けましたね。
しかし、これからの季節は晴れていても高温多湿な日が続きます。
皆さま熱中症にはくれぐれもお気をつけください。特に大人はお茶や水では吸収が追いつきません!塩分やスポーツドリンクなどをしっかり補給してくださいね!!
さてさて、本日はダイキンの「デシカホームエア」について書きたいと思います。
もう2年くらい前から書きたいと思っておりました。
季節がら、夏の湿度管理は難しい…という話をここ数回しておりますが、一戸建住宅においても調湿しながら換気する凄い空調設備があるんです。
私達は工務店選びの最終段階の頃、このデシカ導入についても検討しました。
工務店さんの家づくりにはいろいろと特色がありまして、ウェルネストホーム(低燃費住宅)さんのように調湿性のある建材を多用するところもあれば、壁に湿気を入れずに高気密・高断熱化を図るといったところもあります。
真剣に家づくりに取り組まれている工務店さんの技術力は本当にすごいのです。
全て自社で責任を持って手配・施工・管理していますから。
しかし、そんな高性能な高気密・高断熱住宅でも、冬の乾燥、夏の除湿能力不足(大きなエアコンが必要なくなるため)という問題は生じます。
気密と断熱により夏も冬も温度を一定範囲に保てても、湿度に関しては管理が難しいのです。
その理由はこちら
宿泊体験から帰ってガックリ…湿度管理は難しい
その湿度管理の問題を解決してしまうのがこのデシカホームエアです。

image
image

画像の画像の出典:ダイキンHPより

ダイキンさんはエアコンでも「うるるとさららシリーズ」など除湿・加湿する機種を出していますが(電気代はかかりますよ 汗)、デシカホームエアはその能力と効率が違います。
40坪くらいの家でも余裕で湿度を40〜60%に維持します。能力的には家庭用エアコン2〜3台分の能力があるようです。
エアコンではキンキンに冷えた熱交換器で結露現象を利用して除湿しますが、デシカはハイブリッドデシカ素子によりそれほど低温にさせずに除湿・加湿を行います。
しかも絶対湿度により厳密に湿度管理しますので快適さが違います。
夏でも湿度40%で維持できるんだとか!!
ここまでの除湿はエアコンでは困難です。
しかも、高効率なのでエアコンによる除湿・加湿に比べて消費電力が少なくて済みます。
その仕組みを知れば知るほどすごい空調設備だな〜と感じます。
詳しくは以下をどうぞ
DAIKIN 住宅向け全館換気・全館空調
で、私たち??
ご覧の通りで導入しませんでした。
その理由はいくつかありますが、まずは初期費用とランニングコストです。
導入費用とランニングコスト
導入費用は本体、配管等の費用、施工費で150万くらいの見積りだったような…高い(汗)
電気代は今の電気代の単価で年間3.6万円程度らしいですが、これは気密・断熱がしっかりとれている家の話で、年間10万くらい電気代がかかっている方もいるようです。
電気代が年3.6万だったとして、初期費用+ランニングコストは20年で約220万、これにさらにフィルター交換や部品交換などのメンテナンス費もかかってきます。
ちなみに、こんなに高いのにメーカー保証は1年のみ…なんで1年しか保証できないのか…?? ここも引っかかりました。
空調設備の寿命
空調設備なので、やはり15〜20年での交換になるようです。
今建てた家に40年住むとすれば、途中で1回は交換になります。
今の電気代で計算しても40年で220万×2で440万のコストがかかってきます。
仮に、電気代が年5万かかったとすると40年で500万以上、電気代が年10万だとすると40年で700万以上、快適なのはいいのですが、この設備の導入により もの物凄いコストが長期的にかかってきます:(;゙゚’ω゚’):
給気・排気はダクト式
デシカを導入する場合は本体と各部屋を20センチの太いダクトで繋がなければなりません。
家の構造によって配管費や施工費も変わってくると思いますが、配管の中が清掃できないので長く使っていくと埃や汚れの問題が気になります。
20年経って本体入れ替えと同時にダクトも新しくするとなると、壁や天井を触らなくてはなりません。
これはさらに大きな出費になると思います。
冬は乾燥気味になる
デシカを導入している家では、夏は湿度50%以下に維持できてものすごく快適なようですが、冬は40%程度になるようです。
デシカの能力からすれば冬も50%にできるのですが、結露のリスクがありますので40%程度に設定しているようです。
また、外気温が5℃を下回ると自動的に排気モードに変わって部屋の湿度をさらに下げてしまいます(・・;)。これも結露のリスク回避のためです。
我が家の判断
空調設備とはいえ、電力に頼った空調管理はお金がかかります。
少なく見積もって40年間で440万以上の支出。
電気代の上昇や不具合・故障時の出費、ダクト配管の交換や清掃の問題などを考えると、一体いくらかかるのか…、そんなリスクも考えるとちょっと導入できないな〜と思いました。
さすがに夏はデシカの除湿力・快適性には敵わないものの、調湿性の高い家ではエアコンのみで湿度50%台(絶対湿度12g以下)で管理する事が可能なので必要ないかなと…。
そんな訳で、私達はランニングコストを含めたトータルコストや電気代上昇などのリスクを考えた上で、ウェルネストホーム(低燃費住宅)で家を建てた訳ですが、今現在、小さなエアコン1台のみでも湿度管理ができており十分快適に過ごせています。
先日も停電がありましたが、電力が途絶えた時の安心感は大きかったですね。
デシカホームエアについては、
一戸建て住宅ではもっと能力を落としてもいいように思います。設置空間の問題もありますので、ダウンサイジングと導入費用・消費電力を低くする事ができればいいのにな〜と感じます。
一方、ビルや商業施設、公共施設、学校施設など人が集まる建物では、デシカのような空調設備を導入する事により、効率的に多くの人が快適・健康的に過ごす事が可能になると思います。
人が集まる場所ではもっと普及してほしいですね。
余談ですが、
先ほどの書いた外気温5℃以下の排気モードの問題、実はウェルネストホーム(低燃費住宅)のスタッフさんが見つけたようです。
ウェルネストホームさんのモデルハウス「プラスエナジーハウス」の一室には、

image

デシカホームエアがあります!
実は私もここで実物を見ました。
このゴツさは半端ないですよ(汗)
何でも、モデルハウス建築時に試験導入してデータを取っているんだそうです。
ウェルネストホームで家を建てるならデシカは必要ないと思いますが、住宅性能の向上のためにいろんなものを試す貪欲さは素晴らしいな〜と思います(^-^)
参考になりましたらポチッとお願いいたします!!!
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村

ご訪問いただきありがとうございます。
更新の励みになります♡

Commentsこの記事についたコメント

6件のコメント
  • 白やん より:

    こんにちは〜(^∇^)
    そんな空調設備があるなんて知りませんでした。
    確かにあると便利ですが、ウェルネストホームの住宅には必要ないかもしれませんね。
    我が家の湿度管理は、やっと落ち着きました!
    あんなに毎日、湿温度計と睨めっこしていたのが嘘みたいです。梅雨の時期だったので仕方なかったのかもしれません。
    去年の日記を読み返して色々と思い出したのですが、住み始めたのが去年の夏でしたので、まだ木に水分が残っていて湿気が多かったんですよね。
    なので、期待外れでガッカリした記憶があります。「蒸し暑いやん!」と。
    そして2年目の夏、水分がかなり蒸発したのか、晴れの日は湿度が安定するようになりました。
    冷房28度で57%をキープしています。蒸して不快になる事はありません(^^)
    ウェルネストホームは2年目から本領発揮すると言っていたのは本当だったんだ!来年はもっと凄いのかも!?と期待しています。
    長文で失礼致しました。

  • hu-hu夫 より:

    白やんさんこんにちわ!
    コメントありがとうごさいます。
    白やんさんのおうちは2年目で湿度も落ち着いてきているんですね(^-^)
    こちらも、思ってたより湿度が高めなので梅雨の時期は苦戦しましたが、換気量調整やエアコンの冷房&除湿で湿度50%台を維持できるようになりました。
    築4年目の伏石モデルに泊まった時はもっと湿度が低かったので、これから徐々に湿気がとれていけばいいな〜と期待しています。
    年々快適になっていくのが楽しみですね(^-^)

  • きんちゃん より:

    夫さんこんにちは。
    うちはエアコンをダイキンにしようかと検討しました。
    除湿・加湿ができるのはダイキンだけって言葉にグラっときましたが、
    お値段もなかなかだった事もあり、別のエアコンを設置しました。
    【デシカホームエア】確かに機能はすごいものがありそうですが、導入するにはよほど余裕がないと厳しいですね。

  • hu-hu夫 より:

    きんちゃんさんこんにちわ!
    コメントありがとうごさいます。
    確かに、加湿できるエアコンはダイキンだけなのでうちも気になりました。
    しかし、加湿機能はあまり強いものではなく、電気代もかかるらしいので却下になりました。
    結局、値段と風の対流のさせ方でダイキンのミドルクラスのエアコンにしましたが、ウェルネストホームの家に高性能なエアコンは必要ないと分かったので、どこのメーカーのでもよかったかなと思います。

  • バタピー より:

    こんばんわ~
    実は私も低燃費に出会う前にデシカが気になっていろいろ調べたのですが、夫さんと同じ感想を持ち現実的でないなと思ってやめました。
    ウェルネストホームの探求心良いですよね~!大手は当然やってるでしょうけど中小が頑張っているのをみるとつい応援したくなります(^^)/

  • hu-hu夫 より:

    バタピーさんこんにちわ!
    コメントありがとうごさいます。
    バタピーさんもデシカを検討されたんですね。
    値段が高くてもあの快適さが手に入るなら!と一時は思いましたが、じっくり考えると、むしろランニングコストとメンテナンス面でちょっと現実的ではないと思いました。
    建材の力で調湿力を高め、ランニングコストが低く抑えられるウェルネストホームの存在は本当にありがたかったです。
    ウェルネストホームのモデルハウスはどこも違ったコンセプトで建てられていて、試験的に導入している機器も様々、本当に面白いですよね!
    各地のモデルハウスに行ってみたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。