過信はイケナイ。LIXIL アクアセラミック編

こんにちは、嫁子です(•ө•)
トイレ関係の話題なので、13時を過ぎてからアップしてみます。
でもまだ食事中だよーという方はどうぞスルーの程お願いいたしますm(_ _)m
タイトルからもお察しいただけるかと思いますが、期待しすぎてガッカリだったよ〜!という辛口気味の個人的感想をお送りします。
本日は、
LIXILさんのアクアセラミック。
我が家でLIXILさんのアクアセラミックが採用されているのは、トイレです。
1階にはsatisG、2階にはベーシアハーモL。
このアクアセラミックですね…
・汚れのつきにくい新素材
・洗浄だけで汚れが落ちやすい とか。
・その効果が100年保つ とか。
・トイレ掃除が不要になる?! とか。
公式ページではまだ控えめに書いてあるけれど、設備屋さんの商品ページなんかには、そりゃお掃除苦手なズボラー主婦を喜ばせるワード盛りだくさんなわけですよ。
で、入居後の感想です。
一個人の実例いきますよ。
入居わずか1週間でピンク汚れ出ました。
ちょちょちょちょ
だ〜れが 100年 ですって?
1週間でピンク出てますけども〜?(´・ω・`)
ピンク汚れは具体的に言いますと、水が溜まっているところにリング状に出たのと、洗浄の水が出てくる穴のところに付いてましたね。
なぜたった1週間で早くもピンク汚れが?!!
で、公式ページを再度チェックしましたわよ。
「往復2回の摩擦を365日毎日行った場合を想定して、新品時のツルツルが100年続く」
「定期的にお掃除をしない場合、汚れが付着する場合があります」
Ah〜ha〜
毎日磨いてお掃除しなさいってことですね。
世の中そんなに甘くなかった。
いいんですよ、汚れる空間なんだから、本来は毎日掃除するべき空間ですよね。
それに今のトイレは大のお気に入り空間だから、綺麗が維持されるのなら掃除はまったく苦にならないですよ?
でもねー…
なんだか 誇大広告 というワードがチラチラと脳裏をよぎりますよね、正直。
何事も過信は良くないですけれど。
掃除の頻度少なくていいんだーと期待しちゃってました。
あと、こうやって言うからには、もちろん比較対象があります。
それは以前住んでいた築20年弱になる古い賃貸マンションのトイレです。
TOTOさんの陶器トイレでした。最新の型とは程遠いものだったでしょうが、本当に汚れがつきにくかったのです。「フチあり」の点はさすがに困りましたが、アクアセラミックより掃除頻度少なかったもの…
だから、まさかの、以前よりマメにお掃除しなきゃいけない状況でガッカリしているのでございます。
リクシルさん。
汚れはつきにくいし、ついててもちょっとの掃除で簡単に落ちますけれども、毎日ちゃんと掃除は必要だヨ って、ハッキリ書いてくれてたらいいのにネ!
今後も、更に素晴らしい製品を開発されるべく、ご尽力いただきたいですね。
さてさて。
そうは言いましても、何もガッカリした点ばかりではありませんよ。
採用にあたって良いなぁと感じていた点、使ってみてやはり正解だったと思うところもたくさんあります。
長くなってきたので、お気に入りポイントは別記事で(﹡ˆ︶ˆ﹡)

image

参考になりましたらポチっとお願いします♡

にほんブログ村

ご訪問いただきありがとうございます。
更新の励みになります♡

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。