室内干しはホスクリーン?ほしひめさま?ナスタエアフープ?

こんにちは、嫁子です(•ө•)
台風が来ていますね。
建築中の我が家が気になりますが、早く立ち去ってくれるのを願うのみです…
今日は悪天候に関連して、洗濯物の室内干しについての話題でお送りしたいと思います。
室内物干しとして、もはや定番のホスクリーン
見た目もシンプルだし、いいですよね。
でもね。
ちょっとだけ…
人と違うもの つけたいの…♡笑
そんなわけでオシャレな室内物干しを探していたら見つけましたよー!
ナスタエアフープ♡

image
公式ページから画像お借りしました
みんな知らないだろうと思ったのに、ちらほらブログ村でも登場しますね。
知ってる人は知ってるのねー。脱帽。
わたくし、ものぐさで、まぁまぁズボラな性格しておりまして…(読者の方は薄々お気付きかと思いますが)
室内物干しの竿は、洗濯物の有無関係なく常に吊るしっぱなしになるのが目に見えています。
普段は天井に目立たないように潜んでいて、使う時に下ろしてくるほしひめさまとか…?
無理無理、私には合いません。面倒臭すぎます。面倒くさがり屋がそんなもの設置した日にゃ、出しっ放しでみんなの邪魔になるか、ずっと使わないままになるかのどちらかでしょう。缶ビール賭けてもいい。
そんなわけで我が家の場合は、中で干したい時に設置、ではなく、常に出しておいて隠したい時だけ外す を前提に置き場所など考えました。
使い勝手も併せて考えると、やはり洗濯機やアイロンかけをする場所の近くに欲しいなー。というわけで、洗面脱衣場の横に家事スペースをとり、そこにナスタエアフープを常時ぶら下げておくことにしました。見た目も可愛いですしね、一石二鳥♡
そして、室内干しアイテムの定番ともなったpid4M
こちらは洗面脱衣の隣室にあたる、和室内に取り付けることにしました。
使用する時のみワイヤーを伸ばし、普段は可愛らしく壁で静かに待機していただきます。
噂によると、ワイヤーなので洗濯物を干すとたわみはするものの、ハンガー類がツル〜っと滑って真ん中に寄ってくることはないそうです。それを信じよう。
ちなみに…
ホスクリーンではなくエアフープにしたら少し費用が上乗せになるかと思っていましたが、まさかの減額!
一石三鳥でした(*´▽`*p♡q

にほんブログ村

ご訪問いただきありがとうございます。参考になりましたら、応援ポチいただけると大変嬉しいです♡
更新の励みになります♡

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。