【TNP工事中】内壁の下地位置確認など

こんにちは、嫁子です(•ө•)
先日は現場にて、スイッチ位置や壁の下地位置確認などしてきました。

image
image

壁の下地が必要になる箇所とは、カーテンレールや造作家具、カウンター、飾り棚、額縁や時計などを付ける予定のところです。
家具や棚ならともかく、掛け時計までとなると、事前にしっかりイメージをふくらませておかないと位置決めは難しいですね(^^;
ピンポイントで決められないところは、ある程度の範囲で下地を入れてもらうことになりました。
muuto the dotsを入れるところも、ピンポイントではなく面で入れてもらいました。
ここまでくると、家づくりでの遊びも、だいぶ固まってきました。
アレもコレもやりたいとゴチャゴチャ考えていたことも落ち着いてきて、妄想だけのエア建築でお腹いっぱいになった部分もあります。笑
エア建築の時間をたっぷりとれるかどうかで、実際に住む家の満足度も変わってくるかもしれませんね…
やはり、家は生活をする場所の「箱」なので、それをベースに住まい手が楽しめるよう、箱は極力シンプルな方が良いという考えがすんなりと実感できるようになってきました。
話を戻しますが、やはり現場で確認すると、「思ってたんと違う」ということがポロポロと出てきます。
例えばキッチンのfix窓の上に飾り棚を2段つける予定が、思っていたより窓の位置が高くて、上の棚には手が届かんよ~とか。
なんでアソコの照明のスイッチをココとアッチの3路で付けたんやっけ?当時の自分たち意味不明。みたいなこととかね。
その辺りは、スタッフチームの皆さん、大工さんや電気屋さん、家具屋さんまでも、皆さんが的確なアドバイスをくださるので大変ありがたいです。
施主の希望も、変なところは(笑)プロ達がうまく調整してまとめていってくれる。
最高の家になる予感しかしません♡
今日もお昼休みは現場覗きに行こう~っと♡
いつもご訪問いただきありがとうございます。
更新の励みになりますので、よろしければ愛の応援ポチをお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。