低燃費住宅モデルルーム C値劣化測定!

皆さんこんにちわ。
先日は無事に気密測定を終えてひと安心の夫です( ̄^ ̄)ゞ

本日はC値の劣化に関する話です。

心の隙間…
住宅の隙間を示すこのC値、木の乾燥や建具の劣化で1年〜数年で数値が上がってしまった(隙間が広がった)という話を見かけます。

低燃費住宅にも、住宅の劣化に関する質問があったようで、それに応えるべく先日築4年のモデルハウスで再測定をしたようです。
画像お借りしました。
結果、新築時の数値と変わらず0.1 !
モデルハウスとはいえ、数年経っても0.1を維持してるのは相当凄すぎる(◎_◎;)。
何回か地震があったり、体験宿泊のお客さんがちょっとアレして、補修した事もあったとか・・
良い状態を維持してこそ性能ですよね(^-^)

モデルルームに関しては、これから私達が建築するおうちと同じ仕様(一部は既にグレードアップ済)で先行して建てられており、いろいろなデータが収集されています。試験棟みたいで安心ですね(^-^)
これからもどのくらい性能や機能が維持されているかデータを取っていただき、どんどん公表・改善をしていってほしいです。





にほんブログ村

ご訪問&応援ポチいただきありがとうございます。

更新の励みになります!

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。