出会いからちょうど1年…part3 高気密高断熱だけでは真似できない、低燃費住宅の家づくり

軽い気持ちで訪れたはずの低燃費住宅のモデルハウスで感じた心地の良さや、他の会社とは何かが違うという引っかかりがあり、これは納得いくまで低燃費住宅の家づくりをリサーチする必要があるなということになりました。
モデルハウス訪問の後、改めて事務所に行って施工例など見せてもらいながら詳細を聞くことに。
そこでタイミング良く事務所に居合わせて私たちを担当してくださったのが、あのテレビ電話見学会のカリスマ営業さんだったのです。
不思議なご縁だなー。
事務所では、ユーロサッシや壁の構造展示、熱交換型換気システムや室内側の断熱材として使われるセルロースファイバーの防音・耐火実験ができたりと、そりゃもう私たち理系夫婦を楽しませてくれる材料が色々ありました。笑
これはその当時使われていた、トロカルというユーロサッシの断面。
(現在は他のユーロメーカーのサッシにかわっています)
何この断面!
ハチの巣か!
部屋いくつあるのよ!
よくこんなの作れるよね!大興奮!!

こっちは外壁のモデル。ドイツ生まれ、アルセコシステムの壁。


断熱材で分厚く80mmも入っているのは質の高いロックウールです。
詳細が気になる人はググってくださいね♡

改めて詳細を聞き、資料など色々持ち帰り、様々な角度から低燃費住宅の家づくりを検討しました。
使っている材料にしても、家づくり一連のシステムについても、日本の家づくりやエネルギーの使い方等の考え方にしても、非の打ち所がない…
低燃費住宅に出会ってからというもの、家づくりに対する考え方自体が私たちの中でも完全に変化したことを実感しました。
後日。
業務委託をして50万円を預け、プランを作ってもらうことにしました。
それまであーだこーだと色んな工務店を行脚して散々時間をかけてきたのに、低燃費住宅に出会ってから業務委託をするまでのスピーディーなことと言ったらないですよ。
あ、無料でプラン作ってもらえないの?って思いましたか?
そう。低燃費住宅では、無料でプランニングはしてもらえません。
だって、建てる土地に合わせて設計士さんが行うパッシブデザインなので。
どこぞのハウスメーカーで営業さんが片手間に間取りパズルやコピペして出してくるのとは違います。
ここで建てたいというお客さんに対して注力する。より良い家を作るために。
そんな考え方や家づくりへの姿勢に共感できたというのも大きいと思います。
業務委託後、小さいお子さんをもつ女前なママさん設計士が設計を担当してくださることになり、私たちが納得いくまで何度も何度もワガママに付き合ってプランを作ってくださいました。
(業務委託でお金を払っているので、こちらも気兼ねせずに納得いくまでプランニングをお願いできました 笑)
女前ママ設計士の天才的なプランニングにより、自分たちの求めるプランでこれ以上のものはないだろうというものを作っていただき、満を持して本契約へ。
そして、
カリスマ営業
女前ママ設計士
イケメン(イケ男)現場監督
元気ハツラツ美人コーディネーター
という最強チーム発足。

来週、いよいよ上棟です。

にほんブログ村

ご訪問いただきありがとうございます。
更新の励みになります♡

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。