いきなり冬ですね

こんにちわ夫です(‘◇’)ゞ

 

先週までは半袖Tシャツだったのに、今週はもうフリース着ています。

夏からいきなり冬になってしまった感じですね。

あ~寒い(*´Д`)

香川県内の10月の気象

香川県内最寄り観測所の10月の気象情報です。

10月10日で最高気温30℃。10月16日までは25℃以上の日が続きました。

最低気温も20℃以上の日が多いですね。

湿度も60~80%で推移しています。

例えば気温25℃、湿度70%の場合、空気中に含まれる水蒸気量は13.9g/㎏です。

これは、我が家が快適さの指標としている絶対湿度12.0g/kgラインをかなり超えており、いわゆる「不快」

な温熱環境となっています。

8月ほど気温が高くなくても、湿度が高いと暑さを感じますね。

 

そこから、10月17日を境に最高気温が20℃少し上回る程度、最低気温も10~12℃付近となり、1日の平均気温も一気に10℃近く下がりました。

特に日の出前後の気温10℃は、瀬戸内地方ではもう冬の気温帯です。

朝家の外に出ると吐く息が白い(・□・;)

だいたい13℃を下回るようになると、吐く息が白くなるようです。

これだけ一気に気温差が生じると体調を崩しそうになりますね(;^_^A

 

家の中の温熱環境

外気はこのように一日の気温差が大きくなっていますが、家の中はというとこんな感じです。

今朝、10月23日 8:00頃の温湿度

室温25℃、湿度53%です。

絶対湿度は10.5g/㎏。

ちょうどよく、気持ちよく過ごせる温熱環境が維持されています。

家の躯体の蓄熱量が大きいので、外気の温度が急に下がってもそれにつられることはありません。

この家に住んで5年になりますが、毎年晩秋~初冬の冷え込む時期になると、仕事から帰ってきて家の温かく潤った空気に包まれる時が幸せです。

 

今年は秋が短かった・・・

毎年10月といえば、外気温が下がってきてエアコンは止まってしまう。それなのに湿度は高くて不快な時期を過ごしていました。

今年は秋が短かった分、不快な状態で過ごす時間が短く、これはこれで過ごしやすかったです。

週末には衣替えを終え、家の管理も一気に冬仕様です。

日射遮蔽を終了し、ブラインドを上げました。

吹き抜けの窓からこもれびが降りてきていい感じです。

洗濯物も室内干しに切り替え、入浴後の浴室も3種換気を使用せずドアを開けて室内側に湿気を逃がします。換気システムも熱交換モードに変更。

窓を開けても蚊が入ってこなくなりましたし、しばらくは無暖房で快適に過ごせそうです。

 

これから寒くなってきますので、皆さん体調管理には気を付けましょう。

 

 

 

↓ブログランキング参加中↓

システムが改善され、投票数が以前より正確に反映されるようになりました。

下のバナーを1日1回ポチっと応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。