デザイン大事だけど…それ以上に大切な住宅の基本性能。低燃費住宅の完成見学会に行ってきました

みなさんこんにちわ、夫です。

この週末、低燃費住宅の完成見学会に行ってきました。

まだ行くんかい!……という感じですが…
気になるんですよね~(^^;)

image

感想ですが、
今日のお家も本当に良かったです。

コンパクトながら吹き抜けのある十分な広さのリビングダイニング、
客室に寝室、子ども部屋が2つ、広いWIC、
吹き抜けとつながった開放感のある2階フリースペース。
ここには洗濯物の室内干しもできます。
これだけの空間を2階建て31坪に収納させ、開放感のある間取りです。
中に入るととても31坪には思えませんでした(゚o゚;;。

何といっても私が気に入ったのは、リビングダイニングから北側に取ってあった窓!
北側には農耕地が広がり、遠くにお山も見える。

建造物や景色は南から太陽が当たって本当に綺麗に見えます。
その綺麗な景色を部屋の窓から眺める。
安定した光が入ってくる北窓は見える景観がよく本当に心地よかったです。

ここのお家の設計も、本当にいい設計だと思いました。さすがです!!
(お施主様のお家ですので、写真をお見せできなくてすみません)

さてさて、この心地いいお家、間取りやデザインはもちろんいいのですが、家の快適さを決めるのはデザインだけではありません。湿度調整を始めとした温熱環境が整っているのが非常に大切なのです❗️

お約束のごとく夫の方は性能を確認します。

外気温は17度、長袖でも少し肌寒い気温です。
壁の温度は16.1度

image

北側の日射のあたらない壁ですので冷えています。

これが、屋内の壁の温度は22.4度、床の温度も22.4度

image
image

壁と床は同じ温度です。

天井の温度は22.6度

image

天井は温まった空気が上昇しているため若干高くなっています。

家の中に入るとほッとする温かさが保たれていたのですが、もちろん暖房は運転していません。

入れ替わり見学されたお客さんの熱のみで十分室内が温かくなったみたいです。

人から発せられるほんの少しの熱のみで十分に温まる超省エネで健康・快適な家、
肌寒い秋に気持ちのいい屋内環境でした。

ここのお施主様、いろんなアレルギーをお持ちだったようですが、伏石モデルルームに宿泊され、全く症状が出ず快適な夜を過ごせた事から低燃費住宅に決めたとの事です。
これからもお身体を大切に、快適な毎日をお過ごしください(^-^)

アレルギーと低燃費住宅についてはまた書きます。

スタッフさん、次は寒くなった真冬の見学会にお邪魔しますが、よろしくお願いします~


にほんブログ村

今日もご訪問いただきありがとうございます。
更新の励みになっております♡

Commentsこの記事についたコメント

2件のコメント
  • 白やん より:

    こんにちは。
    私もその見学会に行きたかったんですよ~。
    ですが、前に営業さんが「OBさんばかりで、新規のお客さんが来なくて~」と仰っていたので、迷惑かも…と思い止めたんです。
    素晴らしいお家だったのですね。遠慮しないで、今度からは行ってみようと思います。(^-^)
    うちの娘は皮膚が弱くて、夏はあせも、秋冬は乾燥で掻きむしり、肌が真っ赤になっていました。
    ですが、低燃費住宅に住み始めてから「アレ?痒がらないぞ」と。
    お医者さんにも「良くなってるね!」と言われ、飲み薬や塗り薬の量も減りました(≧∇≦)
    [アレルギーと低燃費住宅について]楽しみにしています。

  • hu-hu夫 より:

    白やんさんコメントありがとうございます。
    見学会、OBになるとちょっと気が引ける気がしましたが確認したい事もあったので行ってみました。
    新規のお客さん優先で自分たちだけで見ていたのですが、次第にスタッフの方も余裕ができてきて、いろいろお話しました。
    あと、新規のお客さんとも話したのですが、OBの声をもっと聞きたい!と言っておられました。
    実際に建てられた人の感想が聞けるのもすごく参考になると思いますし、援軍になるのではないでしょうか(^-^)
    低燃費住宅に住んでアレルギー症状が改善された、というお話をいろんなところで聞きますよね!
    私も花粉症などアレルギーがありますので、住み始めたらレポートしたいと思います。
    また見学会場でお会いした時はよろしくお願いします(^-^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。