嫁子の敗北

1階トイレの手洗ボウルにインパクト大なオリエンタルボウルを付けようという嫁子案、無事に敗北いたしました。

(T_T)
要因は色々あります…
絶対的な信頼を寄せる美人コーディネーターさんの反応がイマイチだったとか。
水跳ねが懸念される場所なのに、見た目バランス的にボウルのインパクトが強すぎて周辺にタイルを貼りにくいという制限が大きくなったとか。
以前の記事で、インパクト大ボウルを応援してくれる人が全然現れなかったからとか。
サンプルを取り寄せていたモザイクタイルが予想以上に現物が素敵で、シンプルなボウルにしてそのタイルを周辺に貼りたくなったからとか。(実はこれが一番大きいかも)
なんとか、このボウルを使う方法も考えてはみたんですよ。
水跳ねはやはり無視できないものなので、水跳ねが多そうな壁面のみ、タイルを貼らない代わりに漆喰をやめてクロスにするという選択肢もありました…
しかし漆喰のもたらす消臭や調湿などの機能は、トイレという狭く閉ざされた空間なだけに、壁一面のみでも無駄にしたくはなかったのです。
漆喰壁も、水跳ね懸念部分のタイルも、ボウルのデザインより優先順位が高いことがハッキリしました。
そんなわけで、嫁子イチオシのオリエンタルボウルは、その場にいた全員が驚く程アッサリと却下になりました。
後悔も未練もないですよ!
でも…
誰か代わりに設置してくれないかなぁ〜( ˙³˙)~♡

にほんブログ村

ご訪問いただきありがとうございます。
更新の励みになります♡

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。