窓のミラー効果でカーテン不要?

大きな窓、開放的でいいですね🎶

image

さて。
この写真、低燃費住宅のモデルハウスで撮影したものです。
記事のタイトルからいってお察しのついた鋭い方もいらっしゃるのではないでしょうか?(﹡ˆ︶ˆ﹡)
はい。
窓にカーテンがありません。
外から室内が丸見えでしょうよって思いますよね。
ところがどっこい。
低燃費住宅のこの窓。
外側からはミラー効果で中がほとんど見えません。
こちらは、別棟のモデルハウスにはなりますが、外から撮影した写真です。

image
image

室内にいる人、もしくは外にいる人が、それこそ窓にへばりつくぐらいの距離ならかろうじてなんとか見えるかな?っていうレベルです。
ただし、晴れの日中に限りますけどね。
夜は室内で照明つけると丸見えになります。
天気の悪い日に室内で照明つけると、少〜し見えます。
要は室外より室内が明るい場合には見えるということですね🎶
この写真は、晴れの日中で中の照明が点いてるバージョン。

image

照明は見えてますが、室内までは見えませんね。
これってめちゃくちゃすごくないですか?
初めて低燃費住宅を訪れてこの窓を知った時、本当にすごい衝撃を受けたんです。まさか、こんな窓があるなんて、知らなかったよーーー!!!!
低燃費住宅は知らないけど、こういう窓があるのは知ってるよって人いるのかな?いないよね?住宅関係者でもなかなかいないんじゃないですか?と、勝手に想像。笑
だって日本のよくある住宅って、道路に面した明るい所にリビング作って窓つけて、プライバシー保護とか言って日中はカーテン閉めっぱなしのパターンが多くないですか?
せっかく窓をつけるのに外の景色を存分に楽しむこともなくカーテン閉めっぱなしだなんて勿体なすぎると、常々思っていたのですが、この窓によってその考えが覆されたのです。
間取りの取り方や室内での過ごし方、得られる景色の可能性が、大きく変わります!
この窓の本当のすごい所は、トリプルサッシで気密・断熱性能が半端ないところなんですが、それよりもミラー効果に着眼してご紹介してしまいました。笑
その辺り、気になる人はググッてくださいね。笑
低燃費住宅の人、このミラー効果については全然大きく宣伝しないんですもの…これだって、家の中からの景観の可能性っていう意味では、大きく家の性能に関わる要素だと思うんですけどね??
話が少し逸れましたが、なにせこの窓、日中はカーテンがなくてもいいんですよ。
必要なのは夜間と、天気が悪くて暗い日のみ。
ちなみに本記事の冒頭写真のお部屋では家の外側にブラインドがあり、夜間はそのブラインドを閉めるので室内のカーテンがないんです(﹡ˆ︶ˆ﹡)
カーテン選びの基準が変わりますね🎶
で、我が家でのカーテン計画はどうなっているかって?
まだまだ何も決まっていません…笑

にほんブログ村

ご訪問いただきありがとうございます。
更新の励みになります♡

Commentsこの記事についたコメント

6件のコメント
  • 小野ひろし より:

    おそらく、Lowーe(遮熱)ガラスによる副産物ですね^^

  • mazzy より:

    わが家の窓も同じようなタイプで日中はほとんど外から中が見えることはありません。余程ガラスに顔を近付けでもしないかぎり見えないです(^^)
    これは金属膜がちょうどミラーの役割をしている状態です。わが家はデンマークの木製サッシでまさにピクチャーウィンドウのごとくすっきりした窓まわりはお気に入りのポイントになってます(^^)カーテンがまったくないわけではありませんがブラインドが多いすっきり空間になっています。「カーテンで省エネを」という電力会社の啓蒙をまったく否定するつもりはないものの、そもそもカーテンで省エネを謳う以前に、十分な性能の窓があればカーテンを含めた窓回りはデザインと自分の好みですっきりまとめられます。もちろん素敵なカーテンも大いに有ですけど自由度が広がります。いいプランが出来るといいですね。
    ちなみに北欧などでは窓まわりから家の中がまる見え(夜とか!)が多いようです。窓辺の景色を外から楽しめるように窓付近を美しく飾るのも文化の一つですよね。もっとも窓辺だけでなく家の中までまる見えになってても気にしない気質のようでもありますが(笑)

  • hu-hu∴ より:

    小野さま
    おはようございます(﹡ˆ︶ˆ﹡)
    このミラー効果の窓、なぜこんな風になっているのか低燃費の営業さんにお聞きしたんです。もうお一方コメントくださっているmazzyさんのおっしゃるように、トリプルガラスの間に金属膜があるそうです!小野さまのおっしゃるように、最近のLow-eガラスでも反射率は高く中が見えにくくはなっていますが、やはりこの金属膜がある窓と比べると、効果の違いは歴然だと感じましたw(゚△゚)w !!
    家づくりの中で国内メーカーの窓も比較検討しましたが、ユーロサッシは性能面だけでなく、このミラー効果の付加価値も無視できないものでした(﹡ˆ︶ˆ﹡)♬*

  • hu-hu∴ より:

    mazzyさま
    初めまして!コメントいただき、どうもありがとうございます(*^^*)
    ミラー効果の窓、ご存知どころか、もうとっくに採用して高性能なお家を建てられていたのですねw(*0*)w 大先輩のご訪問、大変うれしく思います!!そうなんです、金属の膜があるんですよね!初めて知った時には本当に目からウロコでした。国内産でも窓の性能はどんどん良くなってきていますが、さすがにこの金属膜まで入っているものはないですね…
    mazzyさんのblogも拝見しましたが、低燃費住宅の家づくりのコンセプトとも大変近く、家づくりそのものだけでなく照明についての考え方など、非常に共感する部分が多く勉強になります。じっくりと読ませていただきますね(^^*)トラックバックもさせていただくかと思いますが、よろしくお願いいたします。
    ピクチャーウィンドウ。素敵ですよね♪お気に入りの景色を窓枠に入れて楽しむ生活は心豊かに過ごせそうです。おっしゃる通り、カーテンでもブラインドでも、そこに好きなものをプラスして楽しめる自由。高性能なだけではないこのユーロサッシと出会えたことは本当に幸運だと思います。
    そして、北欧での窓辺を飾って外から見る人も楽しめるようにという文化…本当に素敵ですよね。「散らかっているところを隠す」より、「見えるところ(だけ)をきれいにする」という気質…笑 そんな風に穏やかな心持ちで皆が生活できるって幸せだなぁと思います。
    よろしければ、どんな家が出来上がっていくのか、またこのblogを覗きにきてやってくださいね(^^*)

  • mazzy より:

    こんにちは
    実はコメントは以前にも(デンマークのチェスト)書かせていただいたのではじめましてではありませんでした(笑)
    さて、金属膜ということでは国産の窓メーカーのLow-E複層ガラスも実は同じです。ですので最近はそれほど珍しい存在ではありません。そしてこのLow-E技術そのものは結構前から国産窓にも存在してました。それでも絶対性能が上がってきたのはこの2年程のこと。ようやく世界標準に追い付いて来たかというところです(しかしラインナップに並んだだけでどれだけ使われているかは別問題)なお、Low-E金属膜によるミラー化具合は、例えばわが家の窓と国産の他社さんの窓とはちょっと違うように感じますね(^^)最も感じるのは映った像の歪み具合。あと、色も違います。
    ところで、昨今の車の燃費偽装であれほど騒いでるのに、もっと大きな値で日々の生活の質・満足度に直結する家の燃費にみんなが無頓着なのは理解できないのと残念に思います。半分は家の供給側の問題ですけど、せっかく家を建てられる方の大部分の方がこういう低燃費さんのような家の存在を知りません。こういうブログの発信が少しでも誰かの役にたってくれたらいいな~♪なんて思ってます(^^)
    私の家作りは一旦終了ですけど、でも出来たところがスタートでもあります。新築直後が一番キレイであとは劣化を防ぐだけの新建材より、日々を重ねてますます美しさに磨きがかかるものに魅力と愛着を感じます。メンテナンスは当然必要ですが、自分でやればこそもっと可愛くなりますよ(笑)家具も同じです。素敵なものは素敵なお値段(笑)してしまうこともあります。なので一度に揃えなくても構わないと思います。少しずつ気に入ったものを買い揃え、メンテナンスしてずっと使い続けてあげるのがクールです(^^)
    これからも楽しみにしてますね。

  • hu-hu∴ より:

    mazzyさま
    !!!!!
    デンマークチェストの記事でコメントをくださったmazzyさまだったのですね!!!!
    もう、大変大変、失礼いたしましたm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m
    お名前も同じでコメントいただいているのに、なぜか私の中で、結びつきませんでした。申し訳ありません。もう一度コメントいただけてとても嬉しいです!
    窓ガラスの金属膜、国産メーカーのLow-E複層ガラスも同じなんですかw(*0*)wしかも結構前から存在していたなんて…全然知りませんでした。まだまだ勉強が足りません。ご教授いただきありがとうございます!映った像の歪み具合と色、改めて見比べてみようと思います♪
    「家の燃費」。多くの人に、そういう概念がすっぽり抜け落ちているように私も思います。日本の家はこういうものなんですよって洗脳されているかのような…かくいう私も、低燃費住宅に出会うまでは、家の燃費について考えたこともなかったのです。低燃費住宅に出会ってから、家づくりに対する考え方というのが全く変わりました。家に対する価値観は千差万別だとは思いますが、こんな家を作れる、こんな暮らし方ができるって、知らずに建ててから後悔する人が少なくなってくれたらいいと思います。本当に価値のある家を作ろうとする会社なので、宣伝広告にお金をかけないので…施主がこういうblogを通じて盛り上げていくことも大事なのかなと思っています(*^^*)
    「住むほどに心地よくなる」mazzyさんなら身をもって実感されていらっしゃると思いますが、低燃費住宅で家を建てたOB達が皆、口を揃えて言うことだそうです。ほとんどの人は、家に対する満足度は完成時がピークらしいのですが、低燃費住宅の場合は住むほどに満足度が上がり続けると…そんな家の魅力を施主の立場から発信していきたいと思います(^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。