木製テーブルの防水塗装−ウレタン塗装とガラスコート塗装を比較してみよう

こんにちは、嫁子です(•ө•)

我が家ではダイニングテーブルやキッチン周りに無垢の木を使用するのですが、ここの塗装はウレタンとガラスコートのどちらが良いのか迷っていたところ、お世話になっているウツミオリエンタルさんがそれぞれサンプルを作ってくださいました。

左がウレタン塗装で右がガラスコート塗装。
材はオークです。
(材によって塗料の染み込み具合や使用量などに差があるそうなので、この実験結果や仕上がりの風合いが全ての材で共通するわけではないと思います)
どちらもテカテカした感じはほとんどなく、自然な木の風合いが生きています。

まずは水を垂らしてみました。
どちらもしっかり水を弾いています。

image

数分後、垂らした水を指で広げて様子を見てみました。

水の弾き具合に少し差があるようです。
ウレタン塗装の方がよく弾いている。

image
( ↑ ウレタン  ↓ ガラスコート) 
image

キッチンペーパーで拭き取ると、どちらも跡残りはなく、触ってもじとっとした感じはありませんでした。

image
( ↑ ウレタン  ↓ ガラスコート) 
image

次は、醬油と油も垂らしてみました。ちょっと見づらいですが、上部に醤油、下部に油を垂らしてあります。
水と同様、数分程度ではどちらも吸い込みはなく、よく弾いています。(実際に生活する中でこのレベルで醤油なりコーヒーなりがこぼれていたら、すぐ拭き取ると思うので、長時間放置するという実験はしませんでした)

image

キッチンペーパーで拭き取った跡残りもありません。
が。
油を拭き取った部分では、ウレタン塗装ではスッキリ拭ききれたのに対し、ガラスコート塗装では若干拭き残りが。材の凸凹に油が入り込み、何度もこすらないとキレイに吹ききることができませんでした。

ただ、拭き取り後はやはり見た目には何事もなかったのようで美しかったですよ。

ちなみに一応。
サンプル裏面の何ら塗装していない面に水を垂らすと、やはり水の沁み込みがあり、拭き取った跡もクッキリ残っていました。

image

image

やはり水回りでは、濡れたらすぐに拭き取るとは言えど、塗装なしでは不安だなと思いました。

さて、では塗装をどちらにするか?

我が家の場合は上記の実験の結果と、ウレタン塗装の実績から(ウツミさんでは従来ウレタン塗装を施されているそうです)、ウレタン塗装をしてもらうことにしました。
無垢の木の自然な表情をいかしつつ、使い勝手も良くなることがよく分かって安心しました(﹡ˆ︶ˆ﹡)♬*


にほんブログ村

ご訪問&愛の応援ポチいただきありがとうございます。
更新の励みになります♡

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。