過去の妄想シリーズ③バースデーカラーの塗り壁

こんにちは、嫁子です(•ө•)
本日は過去の妄想シリーズ③バースデーカラーの塗り壁 をお送りしたいと思います。
タイトルから言って、なんだかイタイ匂いしてます?
安心してください、不採用です。笑
さて、低燃費住宅の内装ですが、何度も書いてますが室内の壁という壁が漆喰仕上げなのです。
ルナ漆喰というローラーで塗装するタイプの漆喰なんですね。
色は淡いトーンのものが数種類あるのですが、カラータイプのものは色ムラが出ることがあるそうで選べませんでした。
その代わり、色を付けたい場合は、ルナ漆喰の上から水性塗料で着色をするそうです。
「どんな色にでもできるよ!」と、カリスマ営業は言ってましたd(*¯︶¯*)
本当かなー?と半信半疑でしたが(笑)、低燃費住宅の円座ギャラリーの壁面にある、ルナ漆喰の上から水性塗料を使って描かれた色鮮やかな絵を見ると、カリスマの言うことは本当なんだろうなという気がしてますd(*¯︶¯*)
ちょっと話がそれましたが、皆さんの家づくりブログを徘徊していると、「アクセントクロス」というめちゃくちゃ楽しそうなキーワードが飛び交ってますよねー。
すごく大胆でオシャレな柄モノだったり、色味や風合いの素敵なモノだったり。

image
image

画像お借りしました
ウチもアクセントウォールやりたい!
一面だけ壁に色付けるのやりたい!
というわけで、じゃあどの空間をどんな色にするかというのを楽しく考えていました。
そして行き着いたのが、家族各々のバースデーカラーを使うという案
外壁は淡いグレーで、和室は桜色で、子供部屋は百合色、シューズインクロゼットにグリーン、トイレはバイオレット…なんだか途中からバースデーカラーじゃない色も混じってきて、もうしっちゃかめっちゃかです。
収拾のつかなくなったカラフルな家で妄想生活をして、無事にお腹いっぱいになりました。
現実的に考えるとですね、色を多用しすぎて落ち着かなくなるのは想像に易いです。
でも問題はそれだけではなく、長い目で見るとやはり「飽き」がくるだろうと。
そして、もう一つ重要なのは補修のこと。消しゴムなどで対応しきれずタッチアップをする際に、元の壁と同じ色に補修するのは至難の技でしょうね…
色を使って遊びたいなら、壁じゃなくとも、インテリアで色を足す方が良いなと思うようになりました。
そんなわけで、我が家の室内壁で着色するのは2階のトイレのみの予定です。
(ここだけは?大胆に遊ばせて…♡)
色は青系ですよ。
そして誰のバースデーカラーでもありません。笑
次回、過去の妄想シリーズは、ビルトインガレージ(ガレージハウス)をお送り予定です。

にほんブログ村

ご訪問&愛の応援ポチいただきありがとうございます。
更新の励みになっております♡

Commentsこの記事についたコメント

1件のコメント
  • 小吉 より:

    こんにちは
    アクセントウォールは飽きる、確かにそうですね。
    我が家でも一番飽きの早そうな息子の部屋だけは白一色にしました。
    他は・・・やってしまいましたが(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。