本日気密測定!! C値どれくらい出るかな?

こんにちわ、夫のほうです(^-^)

上棟からモイス施工、トリプル樹脂サッシ設置、電気配線工事、気密処理と作業が進み、いよいよ初回の気密測定の日がやってきました!
本日、昼前から測定です(*^_^*)
住宅の隙間はC値という数値で表されますが、この値が小さいほど気密性能が高い家=エネルギーロスの少ない家、となります。

写真はサッシが入った時の隙間部分を撮っています。
C値=家全体の隙間面積(㎠)÷延床面積(㎡)
よく分かんないですよね^_^;
葉書の大きさでいうと、
C値5.0→葉書4.5枚くらいの隙間
C値2.0→葉書1.8枚くらいの隙間
があるそうです。(延床面積が40坪の家)
いろんなブログでこの記事を見るんですが、結構正確に出るみたいです💦
最近の家はというと、大手ハウスメーカーさんでだいたい2.0くらいらしいです。
家全体ですから、これでもすごいな〜!と素直に思います。
一条工務店さんのiスマートは何と0.59。さすが「家は性能」と謳うだけありますね!
昨日、現場監督に自信のほどを聞いてみると、0.2は出します(-_-)との返答。
・・・えっ!0.2⁉️
お、おお〜‼️
C値0.2というと我が家の床面積118㎡に対して23.6㎠、何と名刺1/2サイズ以下!!
家全体の隙間がこのサイズ、
めちゃめちゃ凄い((((;゚Д゚)))))))
この数値、サッシの隙間をテープで塞いだり、換気扇をすっぽり覆い隠したりするわけではなく、普通に気密処理しただけで測っているらしいです。
業界ではいい数値を出すためにやってるところがあるらしいとか・・聞いたりします(^◇^;)
しかし、我が家は2階建てだし凸凹もある。そんなにいい数値出るんかな〜とちょっと不安です。
果たして測定結果は….





にほんブログ村

ご訪問&応援ポチいただきありがとうございます。

更新の励みになります!

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。