kamiyaショールームへ行ってきました

低燃費住宅の家では、室内建具の標準はkamiyaです。故意に天井高を低くしているとか特に指定をしなければ、基本的にはフルハイトドアの片引き戸が入るようです。

kamiyaのHPを見ていたら、ドアにもすごく色々種類があるので、実物を見ておきたくなって、ショールームまで行ってきました!
やはり、天井まですっきりドーンのフルハイトドア、美しいです…
こちらのドアはヴェルチカ。
把手がなく、ガラススリットのところにアールがついていて、そこに指をひっかけて開け閉めします。2歳児にも開け閉めさせてみましたが、自分でできていました。

とにかくもう、なんと言ってもこの美しさ!こんな写真でもきっと伝わるはず…笑  おそらくこのドアを選んだら標準からの差額は請求されるのでしょうが、それでもいい♡♡惚れてしまいました…♡♡

ちなみにガラススリットはクリアと曇りガラスが選べるようです。
他には、こんな面白いものもありましたよ。

表面に黒板塗料を塗ったり、クロスを貼ったりできるそうな。
しかも室内側と室外側でそれぞれ違う仕上げにできるらしいです。遊び心がムクムクしてきちゃいますね。
一つ一つの素材を選んでいく楽しみも、家づくりの醍醐味ですね!
毎週末、打ち合わせがなくても何かしら家づくり関係のことをして満喫しています。最近は、家づくりが我が家の趣味になっています。笑





にほんブログ村


追記

低燃費住宅ではkamiyaの建具をよく使うというだけで、標準仕様というわけではないそうです。
失礼しましたσ(^_^;)

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。