【おうちでcoffee】KINTOペーパーレスコーヒーカラフェを1年間使ってみての感想


こんにちは、嫁子です(•ө•)

新居への引越しのタイミングで新調したものの1つに、KINTOのコーヒーカラフェがあります。

ドリッパーはフィルターレス仕様となっており、フィルターを使用しない分エコだし、見た目もオシャレでいいなぁと思い、物は試しと購入してみました。

今日はそんなKINTOのペーパーレスコーヒーカラフェを1年間使ってみてどうだったかの感想を記録しておきます。

 

ガラス製で余計な装飾もなく、シンプルなフォルムはインテリアを損なうことなく置いておけるのが嬉しいところ。

フィルターレスドリッパーを上から覗いてみると…

全体的に小さな穴が無数に開けてあります。

紙フィルターよりも穴のサイズが大きいので、コーヒー豆は中~細挽きくらいのものを使用するのが良いそうです。

 

で、推奨されるようにコーヒーを淹れて1年…

何度やっても、なかなか美味しいコーヒーが淹れられない…

というのも、ドリップすると粉の細かいカスのようなものが底に溜まってきて、雑味やエグみが出てくるんです。表面には油分もたくさん浮いています…

お客様にコーヒーをお出しするにも、どや顔でお出ししたいところ(笑)が超恐る恐るになってしまいます…笑


そんな私(の淹れるコーヒー)を見兼ねて、夫君からこんなプレゼントをもらいました。

 

紙フィルター 笑

 

悔しさ満点ですが、女は黙って紙フィルターを乗せてコーヒーを淹れてみました。

豆は細挽きにしました

 

お湯を少しずつ注ぐと、粉がマフィンのようにモコモコとふくらんで、いい香りが漂ってきます。

 

 

さすが紙フィルター。ゴミや濁りはまったく下に溜まっておらず、澄んだきれいなコーヒーが入りました。

 

 

味ももちろん…

こちらの方がおいしいです…

今日は素直にコーヒーで乾杯(完敗)です。

 

さぁ、そんな、淹れる人によってはちょっと残念だけれどもおしゃれなKINTOのカラフェに挑戦してみたい方はこちらのリンクからどうぞ…笑

ペーパーレスタイプ(600ml)はこちら

紙フィルター用タイプ(600ml)はこちら

ちなみにフィルターレスの方がエコと言いましても、ステンレスフィルターについたコーヒーかすを洗うのにある程度の水道水を使うわけですから、言うほどエコとも言えないかなという印象です。

↓ブログランキング参加中↓
下のバナーを1日1回ポチっと応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。