いきなり冬ですね


こんにちわ夫です(‘◇’)ゞ

 

先週までは半袖Tシャツだったのに、今週はもうフリース着ています。

夏からいきなり冬になってしまった感じですね。

あ~寒い(*´Д`)

香川県内の10月の気象

香川県内最寄り観測所の10月の気象情報です。

10月10日で最高気温30℃。10月16日までは25℃以上の日が続きました。

最低気温も20℃以上の日が多いですね。

湿度も60~80%で推移しています。

例えば気温25℃、湿度70%の場合、空気中に含まれる水蒸気量は13.9g/㎏です。

これは、我が家が快適さの指標としている絶対湿度12.0g/kgラインをかなり超えており、いわゆる「不快」

な温熱環境となっています。

8月ほど気温が高くなくても、湿度が高いと暑さを感じますね。

 

そこから、10月17日を境に最高気温が20℃少し上回る程度、最低気温も10~12℃付近となり、1日の平均気温も一気に10℃近く下がりました。

特に日の出前後の気温10℃は、瀬戸内地方ではもう冬の気温帯です。

朝家の外に出ると吐く息が白い(・□・;)

だいたい13℃を下回るようになると、吐く息が白くなるようです。

これだけ一気に気温差が生じると体調を崩しそうになりますね(;^_^A

 

家の中の温熱環境

外気はこのように一日の気温差が大きくなっていますが、家の中はというとこんな感じです。

今朝、10月23日 8:00頃の温湿度

室温25℃、湿度53%です。

絶対湿度は10.5g/㎏。

ちょうどよく、気持ちよく過ごせる温熱環境が維持されています。

家の躯体の蓄熱量が大きいので、外気の温度が急に下がってもそれにつられることはありません。

この家に住んで5年になりますが、毎年晩秋~初冬の冷え込む時期になると、仕事から帰ってきて家の温かく潤った空気に包まれる時が幸せです。

 

今年は秋が短かった・・・

毎年10月といえば、外気温が下がってきてエアコンは止まってしまう。それなのに湿度は高くて不快な時期を過ごしていました。

今年は秋が短かった分、不快な状態で過ごす時間が短く、これはこれで過ごしやすかったです。

週末には衣替えを終え、家の管理も一気に冬仕様です。

日射遮蔽を終了し、ブラインドを上げました。

吹き抜けの窓からこもれびが降りてきていい感じです。

洗濯物も室内干しに切り替え、入浴後の浴室も3種換気を使用せずドアを開けて室内側に湿気を逃がします。換気システムも熱交換モードに変更。

窓を開けても蚊が入ってこなくなりましたし、しばらくは無暖房で快適に過ごせそうです。

 

これから寒くなってきますので、皆さん体調管理には気を付けましょう。

 

 

 

↓ブログランキング参加中↓

システムが改善され、投票数が以前より正確に反映されるようになりました。

下のバナーを1日1回ポチっと応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

温熱環境のコントロールに 悩む時期

こんにちわ夫です。

 

せっかくの3連休なのに天候には恵まれず、久々に家でゆっくりと過ごしております。
たまにはこの家で休日を楽しむのもいいかな~といったところです。

さて、
このところ朝夕は涼しくなってきているのでエアコンは24時間運転にしているもの、省電力運転になっている時間が長くなっています。

夏場は超快適だったこの家も、秋になってくると温熱環境のコントロールに悩むようになります(汗)

ということで、本日は秋、春の湿度管理について書いてみたいと思います。

 

 

春、秋は屋内の温熱環境が管理しにくい

高気密・高断熱住宅は、蓄熱力があるので夏、冬は少ない電力で目標とする温熱環境を維持することができるのですが、
春、秋はその蓄熱性により少し熱がこもり気味になる時があります。
また、湿度が高い日も多いので、依然として室温、湿度共に高くなってしまったりします。

 

昨夜21時の屋外の気温は23.7℃、湿度は81%でした。
絶対湿度は14.9g。
気温は高くないものの湿度が高いので不快な状態でした。

一方、屋内はというと室温26℃、湿度は60%
絶対湿度は12.6g。

もちろん屋外よりは良く何とか許容できるレベルではありますが、どちらかというとやや不快。

 

もう少し湿度を下げたいところですが、24時間換気により湿気の多い空気が一定量ずつ入ってきますし、頼みのエアコンが省電力運転になっているので除湿もほとんど期待できません。

さて、もう少し室内を快適に保つにはどうするか...

 

私は超寒がりなので、冷えるのは苦手です(汗)
室温は下げたくないが湿度は下げたい。

こういう時に威力を発揮するのは「再熱除湿」機能のついたエアコンではないかと思っています。

 

通常、除湿するにはエアコンの熱交換器を冷やして、そこに空気中の水分を結露させてドレーンで屋外に排出することで
室内の湿度を下げます。
しかし、冷えた熱交換器を空気が通る過程で空気も冷やされ、室温が下がってしまいます。

一方、再熱除湿機能のあるエアコンでは、除湿した空気を再び温めて室内に戻すので、室温を下げずに除湿することが
できます。
電気代はかかると思いますが、この再熱除湿機能付きエアコンがかなり気になってしまいます。

 

このあたりは、実際に使われている方のレビューを見て情報収集をしたいところです。

とはいえ、今の設備でも何とかしたいとは考えておりまして...

 

エアコンが省電力運転になりがちな状態で屋内の湿度を適正に保つためには

 

これはなかなか難しい課題です。

しかし、我が家で実践している対策として、以下の3つがあります。

 

①換気量は最弱で

ウェルネストホーム(低燃費住宅)の家は調湿力がかなり高いのが特徴です。
エアコンで除湿するようなスピーディーな除湿はできませんが、漆喰壁や断熱材のセルロースファイバーをはじめとした
調湿力が高い建材により湿気が吸収されていきます。

換気により湿気を多く含んだ空気が流入してくるのを最小限にすることで、徐々にではありますが湿度が下がってきます。

 

②室内で湿気が出る時は速やかに排出する

・調理時と入浴後
調理時はレンジフードを使用、入浴後は換気扇を2時間程度使用して発生した湿気を速やかに外に排出します。
空気の排出と同時に同じ量が屋内に入ってくるわけですが、内部発生した湿気は温度が高く、有しているエネルギー(エンタルピー)は高いです。
同じ高湿度な空気ですが、エネルギー量の低い空気と入れ替えることになるので温熱環境に与える影響は低くなります。

注意しなければならないのは、浴室の換気扇は浴室の熱が取れてある程度乾いてきたら換気扇を切ってドアを開けておくことです。
我が家の場合、換気扇の使用時間はだいたい1~2時間程度です。
そうしないと、いつまでも屋外から湿った空気が入ってきますので。

・洗濯物の室内干し
梅雨時~秋頃までは、できれば洗濯物は外に干したいところですが、雨の日はなかなか乾きません。仕方なく室内干しにするのですが、
我が家ではサーキュレーターで風をあてて湿気を早く飛ばします。


1~2時間程度でかなり乾き、一時的に湿度も高くなりますが、その時だけエアコンの除湿運転をします。

 

③屋内の空気を循環させる
温度と湿度が高くても、屋内で風が循環すれば感じ方も変わります。
我が家が使用しているのはタワーファンです。


サーキュレーターよりタワーファンの方が風が循環するように
感じます。
これは、夏の冷房時も緩やかに屋内の風を循環できるので
かなり有効でした。

 

 

終わりに

春、秋の温熱環境コントロールがやりにくい時期は、あまり長くはないのですが、年間を通じて快適な生活を送ろうとすると、どうしても春と秋のエアコンが省電力運転、もしくは停止してしまう時の対策がネックになってきます。

他のOBさんがされている対策なども是非聞いてみたいものです。

そろそろ再熱除湿付きのエアコン導入を検討するか...(汗)

 

既にインフルエンザが集団発生しているというニュースもありますし、
皆さん体調管理には気を付けましょう。

 

↓ブログランキング参加中↓
下のバナーを1日1回ポチっと応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

ウェルネストホーム(低燃費住宅) 3回目の夏を終えて

こんにちわ夫です。

2019年の8月も本日で最終日になりましたね。
我が家はウェルネストホームの低燃費住宅に住み始めて3回目の夏を終えようとしています。

もちろん、今年も快適な夏を過ごせておりますよ(^^♪

 

ということで、本日は低燃費住宅で過ごしたこれまでの夏(1年目~3年目)の感想を述べてみたいと思います。

では、1年目の夏から簡単に過去を振り返ってみます。

1年目の夏(2017年)

家を建てたのが2016年の12月。

夏を迎えるまでには半年以上経っていたのですが、やはり湿度は高めでした。
エアコンは間欠的に使用しておりましたが、ほぼ除湿運転。屋内の湿度は60%前後を示していることが多かったです。

屋内の湿度が60%もあると、快適さの指標となる「絶対湿度12g以下」を保つには室温を25℃以下にしなくてはなりません。
案の定、室温を25℃まで下げると寒く体調を崩しそうな状態に…、エアコンの除湿、冷房をこまめに切り替えながら室温26~27℃台、湿度55~60%程度で過ごすことが多かったです。

モデルハウスの宿泊体験で感じた快適さからすると今一つな感じがありながらも、この夏を乗り切れば...と思いながら過ごしました。
それより、以前住んでいた賃貸アパートよりは圧倒的に住み心地が良かったので、不満はほとんどありませんでした。

エアコンに関しては、日立製のような再熱除湿機能のある機種にしていれば、電気代はかかると思いますが室温を26~27℃に設定してガンガン除湿し、もう少し快適だったかもしれません。

 

 

〇どうして低燃費住宅の1年目の夏は湿度が高めなのか

低燃費住宅の家は天然乾燥の木材で家を建てるため、建ててからもしばらくは木材から水分の蒸発が続きます。30~40坪前後の家で木材を100本程度使用するので、1本の木材から6~7L蒸発していくとすればかなりな量になります。

上棟時は、水分が多く含まれている木材は重く、大工さんは大変なんだという話もお聞ききしました。我が家の上棟は8月の暑い日でしたので汗だくだったと思います。大工さん、棟梁さん本当にありがとうございました(汗)。

木材や家の強度の長期維持、木材が有する調湿作用などのこだわりから、わざわざ手間とコストがかかる天然乾燥材を使用し、しかも、その天然乾燥材に木材保存剤を圧入した「緑の柱」で家を建てているので安心感は非常に高いです。

◆低燃費住宅の1年目の湿度が高めになることや、どうして天然乾燥材(緑の柱)を使用しているのかについては、担当の方からしっかりとお話が聞けると思います。どんどん質問されてください(^^)/

 

2年目の夏(2018年)

低燃費住宅の2年目の夏は、期待していた通り湿度はかなり落ち着きました。
6畳用のエアコン1台を冷房運転するだけで室温26℃台、湿度50%台を維持できるようになりました。
また、この年から2階にもエアコンを設置したこともあり、家の中全体をスムーズに冷気が流れるようになりました。

1年目の夏は1階にある8畳用のエアコンを使用して冷房・除湿していたのですが、冷えた空気は1階に停滞して2階に温かい空気が偏る…。という感じで家の中で温度差が生じていたのも不快に思う原因の一つでした。

やはり言われていた通り、低燃費住宅で過ごす夏は2年目から快適になる。というのを体感した年でした。

 

3年目の夏(2019年)

さて、ようやく今年の夏の感想です。

低燃費住宅の3年目の夏は、構造材も十分に乾燥し、木材や他の建材の調湿作用も十分に生かされ、2年目の夏よりさらに温熱環境の安定度&快適度が増した感じがしました。

2階にある6畳用エアコンを冷房運転するだけで、室温26~27℃、湿度50~60%を安定して維持できました。

梅雨時や雨の日はさすがに60%を超える日もありますので、そんな時は1階エアコンも使用して除湿運転するようにしています。

それから、2年目の夏と比較して明らかに変わったことはエアコンの設定温度です。
2018年の夏は25.5℃~26℃設定で冷房運転していたように記憶していますが、今年は一番暑い時期は26.5℃設定、お盆を過ぎた頃からは27℃設定で十分でした。現在も27℃設定の連続運転です。

我が家の家の広さは35坪。畳数にすると70畳。またリビングには吹き抜けもありますので、通常の70畳より空間は広いです。その空間を一番小さな6畳用エアコン1台26.5℃~27℃設定で隅々まで快適に保てるのは本当に凄いことです。

家に帰ってきて玄関に入ったときは、冷えて除湿された空気に包まれてすぐに汗がひきます。寝ている時も肌はサラサラしており、最高に快適です。

やっと、モデルハウスで体感した心地よさを我が家でも得ることができるようになりました。

 

それから、何といってもこの家の魅力は、快適に過ごしても電気代が安いことです。

余裕のある温度設定でエアコンを運転できていたこともあり、7月分の電力使用量はわずか204kWh。電気代請求額は6,023円 !!でした。我が家はオール電化なので、真夏の7月の全ての光熱費がたったこれだけです。

ちなみにですが、それまでの夏の電気代は以下のようになっています。

・2017年7月:5,853円(エアコン間欠運転)

・2018年7月:6,756円(エアコン24時間連続運転)

1年目の夏は様子見でエアコンを間欠運転をしていましたが、2年目の夏からは7月~9月まで連続運転。このため2年目は少し電気代が上がりましたが、今年は同じ運転をしているにもかかわらず7月の電気代は下がりました。
これも屋内の基本の湿度が落ち着いたからではないかと考えています。

 

おわりに

これまでの夏を過ごしてみて、1年目は湿度が高めでエアコンの冷房、除湿運転の切り替えで苦労はしましたが、2年目の夏からは湿度も落ち着き、ずいぶん過ごしやすくなりました。

このように、しっかりと温度管理、湿度管理ができて快適&低燃費を実現している家ですが、その快適さは、天然乾燥材や家を構成しているそれぞれの部材(壁の漆喰、無垢床、断熱材のセルロースファイバー、耐震面材のモイスなどなど)の総合的な調湿力と断熱性能が高いからです。

皆さんにお勧めしたいですね。

 

これから秋になっていきますが、朝夕は温度差が大きくなっていきますので
体調を崩されないようお気を付けください。

 

 

↓ブログランキング参加中↓
下のバナーを1日1回ポチっと応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村