1年後の換気システムフィルター交換


こんにちわ夫です(‘◇’)ゞ

 

6月中ですが、日本各地で猛暑日となっていますね。

香川県も本日は32~33℃あたりまで上昇しています。

梅雨入りしたかと思えば6月後半に急にこの気温。体が高温に慣れておらず、外で作業しているとフラフラしてきます(;^_^A

 

家の中では、さすがに2階エアコンで冷房もしくは除湿運転しております。

早めにエアコン交換をしていて良かったです(*^^*)

 

日曜日、10時頃で室内の温度は27.2℃、湿度は61%になっていました。

この状態での空気中の水分量(絶対湿度)は13.7g/kgです。

夏の快適上限となる12.0g/kgを少し上回っています。

 

さて、ここから空気中の水分量(絶対湿度)を除去して12.0g/kg以下の快適ゾーンになるまで除湿します。

最近では、我が家の2階エアコンは昼間は除湿運転が多いです。外気の湿気が多いですからね。

また、夜になると外気も下がってきて、除湿のままでは寒くなるので冷房25.0℃設定で朝まで稼働しています。

夜中に寒さを感じる場合はエアコンをOFFにします。

その日の気象条件によって除湿と冷房、換気のみ、を使い分けたりする感じですね。

 

さて、前置きが長くなりましたが、本日はヴェントサンに仕込んでいたフィルターを交換しましたという話です。

 

ヴェントサンに市販フィルター挿入

 

換気システムのヴェントサンに市販フィルターを挿入したのが去年の3月でした。

[blogcard url=”https://tnphousingblog.com/archives/%e6%8f%9b%e6%b0%97%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%a0%e3%81%ab%e8%8a%b1%e7%b2%89%e5%af%be%e7%ad%96%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%ab%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%92%e8%bf%bd%e5%8a%a0%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%bf.html”]

 

ヴェントサンにも花粉対応のフィルターがあり、アマゾンで購入できるのですが2枚4500円もします。
Amazon.co.jp: ヴェントサン 花粉フィルター(PM2.5対応) 2枚セット : ホーム&キッチン
我が家のヴェントサンは8基あるので、4セット購入しなければなりません。しかも、半年ごとの交換。

花粉フィルター自体はしっかりしており、かなり効果が高そうなのですが、さすがにこの出費は痛すぎます(´;ω;`)ウゥゥ

 

ということで、いちおう花粉も取れるという適当なフィルターをエレメントと換気ユニットの間に挿入することにしました。

Amazon.co.jp: 給気口フィルター 換気口フィルター 1枚150円 (直径145mm他) 花粉 害虫 排気ガス 黄砂 (C145) : DIY・工具・ガーデン

このシリーズの円形145㎜です。

1枚150円ですし、お試しで購入して設置してみました。

具体的な設置位置はというと、以下の赤い部分となります。

下図の出典:コンセプト | エディフィス省エネテック (edfs.co.jp) https://edfs.co.jp/concept/

 

昨年の花粉シーズン前の3月に設置したわけですが、スギ花粉には多少効果がありそうな感じがしました。

また5月頃になってきて、イネ科植物の花粉が飛び始めるとやっぱり鼻がズルズルする日もありましたが、何もないよりかはあった方がいいだろうと思い、1年間使用してみました。

 

1年後のフィルター交換  その結果はいかに!?

さて、1年も経過すると「そういえばヴェントサンにフィルター入れてたよな??」というくらいの忘れ具合でして、今年のスギ花粉時期が終わって落ち着いていた6月に交換しました。

結果はというと、この通りです。

ひっ!汚い!

上側に入れ替え用の新しいフィルターを置いてみたのですが、どれも汚れているのが分かります。

我が家のヴェントサンは

1階部分 西側1、北側1、東側2

2階部分 西側1、北側1、東側2

の配置になっておりますが、どれも同じように汚れています。

よく見ると細かな粒子のようなものがたくさん詰まっており、

「空気中にこんなに微粒子が飛んでるの!!?」

というのが感想です。

きっと、ある程度花粉も吸着してくれているのでしょう。

これを見ると、フィルターは絶対あった方がいい!!と思いますよね(-ω-)

このフィルターのおかげか、フィルターより室外側にあるファンにはあまり汚れはついていませんでした。

ヴェントサンのエレメントの直径は150㎜ですので、フィルターはもう1サイズ大きくして155㎜でもいいかもしれません。

今回は全く同じものを入換えましたが、フィルターの種類は他にもいろいろありますので、これだけ効果があるならもう少しグレードアップしてもいいかな?と思っています。

室内側から見たヴェントサンの換気ユニットです。

ファンの奥にフィルターを挟んでおります。

おわりに

昨年より、適当なフィルターをヴェントサンに挟んでいたのですが、「空気中って、意外と微粒子が飛んでいる」ということが分かりました。

我が家では、これからもフィルターは絶対つけます。

ファンの掃除も楽になりましたし。

 

参考になれば幸いです。

これから酷暑になりますので、スポーツドリンクなども積極的に摂取して熱中症には十分気を付けましょう!

 

 

 

 

↓ブログランキング参加中↓
下のバナーを1日1回ポチっと応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

換気システムに花粉対策フィルターを追加してみました


こんにちは、嫁子です(・Θ・)

 

寒さが和らいで暖かくなってくると始まるのがスギ花粉の飛散ですね。

我が家は家族みんな花粉症持ちでして、くしゃみ、鼻水、目のかゆみ、飛散量が多い時はかなり辛い思いをしています。

今年は例年より飛散量が多いらしく、家の中に入ってくる花粉をなんとか対策するために、我が家の換気システム ヴェントサンに花粉用フィルターを追加することにしてみました。

ヴェントサンにも花粉用フィルターがあるのですが、1個あたりの値段もかなりしますし、8セット購入するとなるとかなりな出費です。しかも半年ごとに交換となるし・・・。

ということで、夫君が見つけてくれたのがこちらのフィルター。

 

サイズがいろいろとあり、こちら(円形145㎜)はヴェントサンにちょうどそのままピッタリ合うサイズです。

 

購入したのがこちら円形145㎜のフィルターです。

不織布のようになっているのかと思いきやふわふわとしています。厚みは1㎝くらいです。

ヴェントサンのカバーを外して、中にエレメントがあるので、その前にこちらのフィルターを重ねるように装着します。

エレメントの外側に付けると、エレメント自体の掃除頻度も軽減されるかな~と思ったのですが、なかなかうまくいかず今回は断念しました。

カバーを外して付けるだけなので作業はとても簡単です。我が家にあるヴェントサン計8か所すべてに装着しました。こちらのフィルター、1枚あたり150円です。汚れ具合により2~5か月ごとに交換が必要とのことですが、単価が安いので毎年の負担も小さくて助かりますね。

このフィルター、いちおう、花粉やpm2.5にも対応しているらしいのですが、値段が安いので効果はどうか・・・?半信半疑でしたが、装着してから2日ほどで、家にいる時の花粉症の症状がだんだん和らいできました。花粉症のお薬の内服もしていなかったので、フィルターの効果かなと思います♬

 

スギ花粉の次はヒノキ、その次はイネ科と、花粉症持ちにとってはまだまだ辛い季節が続きますが、なんとか乗り切っていきましょう★

 

今年は桜の開花が早くもう満開になっていますね。我が家は近場で楽しもうと思います。

 

 

 

 

↓ブログランキング参加中↓
下のバナーを1日1回ポチっと応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

 

 

 

ヴェントサン換気ユニットのお掃除

こんにちわ夫です(^^)/

まだお外は少し寒いものの、春に向かっている時期になりましたね。

こちら、3月に入ってようやく休みが取れました。年度末でバタバタしております(汗)

 

さて、本日は換気ユニットの清掃について書きたいと思います。

 

掃除をしようと思い立ったきっかけ

春先の暖かくなり始めたこの時期、晴れた日には車のボンネットが薄く黄色になるくらい大量にスギ花粉が降り注いでいます。

今年はやや少ない?と感じながらも、体の方は確実に反応しており、我が家全員くしゃみに鼻水ダラダラになっています。

それがある雨の日、雨で空気中の花粉が地面に落ちたのか、お外に出ると鼻水が止まりました。

そして、再び家に戻るとくしゃみに鼻水。もちろん目も痒いです。

家の中のほうが花粉が飛んでいる!?と思い始めたのです。

一度体が反応しだすと花粉だけでなく、ハウスダストなどにも反応します。

週末には床を水拭きするようにしていたのですが、それでもまだ何かのアレルゲンが家の中を浮遊している感じ…。

そこで目を付けたのがこちら

そう、ヴェントサンの換気ユニットです。

そういえば、低燃費住宅に住み始めて既に3年。ず~っと気になっていながらも、これまで換気ユニットの清掃はしておりませんでした。

家族のためにも、清掃です( `ー´)ノ

 

清掃の手順

まず、いちばん外側のカバーを外します。

フィルターは標準のものを使っていますが、もうこの時点で「おお!」と声が出てしまうほどの汚れです。

 

外すとこのような感じです。

裏側もこのとおり。3年間サボっていた汚れです(汗)。

 

フィルターを外すとファンが出てきます。

フィルターを外すと、ここからは家の外部になります。フィルターの奥側にはユスリカ(小さな蚊のような飛ぶ虫です。ちなみに血は吸いません)が落ちています。小さな昆虫なのでユニットとファンを通ってここまで侵入してきています。

写真でいうと赤白の配線の下側あたりです。

フィルターがなければ家の中まで入ってくるので、やはりフィルターの役割は重要なんだと認識しました。

 

さてさて、清掃手順に戻ります。

この時点ではまだファンが回っています。そして、ここからは配線を抜いてファンを止めますので、その前に家全体の換気システムを停止させておきます。

このタイプのコントローラーはダイヤルを中央にすると換気システムが停止します。

そして、ファンの配線を抜くのですが、後で接続するときに前後を間違えないように端子に印をつけておきます。

 

端子を抜き、ファンを手前に外すと、蓄熱エレメントが出てきます。

エレメントの手前もかなり汚れています。

エレメントには緑色の針金が付いていますので、ここを持って引き抜きます。

隙間なくピッタリと入っているので、ある程度の力が必要です。男の人がやったほうがいいでしょう。

また、椅子か脚立に上がっての作業になりますので、足元には十分気を付けてくださいね。

 

そして、お外に

何かと重宝する衣装ケースに水をためて、ここで洗浄します。

屋内で普通のバケツでも十分に洗浄できると思いますが、汚れた水が飛び散るのがいやなのと、乾燥のことも考えてお外ですることにしました。

我が家は換気ユニットが8個あるので、この時点で一汗かいてしましました。

 

洗浄には台所用中性洗剤を使います。

エレメントとフィルターを入れて洗浄していきます。

この状態でしばらく置いておき、ホースで洗いながら取り出します。

取り出した後の様子です。もう水は真っ黒に近いです。

 

3時間ほど乾燥させて、ユニットを戻していきます。

 

熱交換エレメントを取り外した時の状態です。

外が見えておりスースーします。風が吹き込んできて近くにいると寒いです。

気密が取れていない場合、家全体でこのくらいかそれ以上の隙間があるのでもちろん冬は冷えます。

気密をとることの重要性が分かります。

 

取り外しと逆の順序で熱交換エレメント、ファン、フィルター、カバーの順で戻していきます。

そして再びスイッチをON

全てのユニットが動いていることを確認して、無事に終了しました。

 

おわりに

所要時間ですが、取り外しに30分、洗浄と乾燥で3~4時間、組み立てに30分ほどの時間でしたが、思っていたより労力は少なかった印象です。

3年間放置していた換気ユニットをやっと清掃することができました。

換気ユニットの数が多いとそれなりに労力も必要になりますが、何より自分で清掃ができるのはいいですね。清掃を終えると家の中の空気もスッキリと気持ちがいいです。

換気ユニットの汚れ具合については、家の立地にも大きく左右されると思いますがやはり1年に1回くらいは必要だなと思いました。

そして、清掃する季節についてですが、清掃中は換気システムが停止し外気が入り放題になること、夏~秋は蚊も入ってくることから、春先のこの時期がベストだと思います。

 

季節の変わり目は体調も崩しやすいので、皆さん体調管理には十分お気を付けください。

 

 

↓ブログランキング参加中↓
下のバナーを1日1回ポチっと応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村